ビットコインを始めるならどんな取引所がいい?


ビットコイン取引所に登録する前にチェックしておきたい6つのこと

ビットコイン取引所に登録する前にチェックしておきたいこと

これからビットコインを始めるのであればまず取引所で口座開設をするのですが、取引所がたくさんあってどこを利用すればいいのか?信頼できる取引所はどこか?と悩んでしまいますよね。仮想通貨の取引は最近になって活発になってきており、国内でも10社以上の取引所があり、海外を含めれば更に多いです。

 

 

取引所の仮想通貨流出事件などもあり、信頼できる取引所を選びたいと思いますよね。選びたいと考えればどのような点を見て選べばいいかも知りたくありませんか?

 

 

そこで、ビットコインを始める場合に取引所はどのような点を見て選べばいいか、どこの取引所がお勧めできるかを解説します。

 

 

1、取引所に登録する前に見ておきたいこと6つ

 

ビットコインを購入するには、取引所を通じで行います。取引所でアカウントを登録すると、ビットコインを買って売ることも出来るようになります。取引所は銀行と似ており、利用するには手数料がかかります。その他にも、安全性や利便性などもあるので、アカウントを開設する前には、取引所のサービス内容などを良く見て調べておく必要があります。

 

 

(1−1)取引手数料が無料か

 

ビットコインを買うときと売るときに手数料が発生します。国内で有名な取引所と言うと、ビットフライヤー、ザイフがあります。例としてこの2つの取引所での手数料を見てみましょう。

 

・ビットフライヤー

取引所でのビットコイン売買 : 0.15%

 

・ザイフ

取引所でのビットコイン売買 : -0.01%

 

ビットコインの売買を考えている人ならば、手数料が発生すると、取引回数が多いほど、手数料を多く支払い、余計にお金がかかります。場合によっては、せっかく利益が出ても、取引手数料で大きく利益が減るかもしれません。

 

 

手数料が発生する場合その金額は数百円程度であり、金額を見ると数百円と思うかもしれません。しかし、例えば毎日取引し、1日1回数百円の手数料を支払うと、年間ではその365倍もの手数料を支払うことになります。塵も積もれば山となるということであり、手数料が無料である、または安いに越したことはありません。

 

また、ザイフではビットコインの売買時の手数料は-0.01%となっています。これは、ビットコインの金額の-0.01%が手数料ボーナスとして、取引するたびにもらえることを意味しています。取引のたびにボーナスが発生するので、デイトレードで頻繁にビットコインを売買するような方に向いている取引所です。

 

 

(1−2)取引量が多いか

 

取引所を利用するときは、取引量が多いかどうかも重要です。取引量が少ないということは、それだけ売買する人が少なく、取引したいときにできないという可能性があります。

 

 

ビットフライヤー、ザイフの2つの取引所で比べると、ビットフライヤーが一番取引量が多く、次ザイフです。取引量が多い場合は、ビットコインの値動きが緩やかになり、売買したいときにしやすいです。逆に取引量が少ないと、ビットコインの値動きは急であり、取引したいときに、希望の価格で売買出来ない可能性があります。

 

 

(1−3)分別管理をしているか

 

ビットコインを始めるときは、取引しやすいか手数料が安いかは重要です。しかしそれ以上に、取引所の口座にある自分の資金が、万が一のときに守られるかどうかも、とても重要となります。顧客の資金を守る仕組みとして、分別管理があり、これは会社のお金と顧客の資金を、別々の銀行口座にわけて管理する仕組みです。

 

 

残念ながら分別管理をしている取引所は少なく、ほとんどの取引所では、仮想通貨は補償できないというスタンスになっています。その中でも、ビットフライヤー、ビットポイント、みんなのビットコインが顧客の資金を守る仕組みを取り入れています。

 

・ビットフライヤー

業務で使う銀行口座以外に、バックアップ用の銀行口座にも資金を置いており、万が一業務用の銀行口座の資金が消えたときには、バックアップ用銀行口座で対応可能です。

 

 

・ザイフ

ザイフも、分別管理を行っており、顧客資金と会社保有の資金を、別々の銀行口座で管理しています。

 

 

分別管理を行っている業者であれば、万が一会社の資金のある口座からお金が無くなっても、顧客用の口座には資金は残ります。ただし、分別管理は安全性を高めますが、信託保証と違い顧客資金の返還を補償するものではないです。

 

 

(1−4)コールドウォレットを導入しているか

 

ビットコインは、取引はインターネット上で行われ、ネットを通じで売買されます。しかしインターネットに繋がっているということは、ハッキングされる環境にあるということです。そこで、ビットコインなどの仮想通貨のウォレットを、インターネットに繋がっていないウォレットに保管することを、コールドウォレットと言います。言い換えればオフラインのウォレットとも言えます。

 

 

コールドウォレットは、国内の取引所であれば、ほぼ全ての業者で導入しています。しかし、ビットコインはコールドウォレットでも他のアルトコインはコールドではない可能性があるということです。

 

 

現にある大手の取引所による仮想通貨流出では、その流出した対象のアルトコインはコールドウォレットで保管されていませんでした。ビットコイン以外のアルトコインで取引を考えている場合は、そのアルトコインもコールドウォレットで保管してもらえるかどうか確認しましょう。

 

 

しかしアルトコインによっては取引所のコールドウォレットで保管するのは難しいというケースがあります。そのため取引するアルトコインによっては自分で保管できるコールドウォレットを用意した方がいいです。

 

 

(1−5)二段階認証を採用しているか

 

セキュリティとしてはコールドウォレット以外にもう一つ、二段階認証がされているかもポイントとなります。二段階認証はIDとパスワードに加えてもう一つ情報を提示するという、名の通りに二段構えの構成をしているセキュリティです。これによってIDとパスワードが不正に盗られても簡単にアカウントが乗っ取られることはなくなります。

 

 

この情報は大抵がメールや専門のアプリに配信されるため、簡単に見られることはありません。この二段階認証も国内の取引所では基本的に実装されているため、探す必要はないでしょう。

 

 

気をつけたいこととしてこの二段階認証は予め設定しておかないと機能しません。そのため取引所に登録した後は真っ先にこの二段階認証の登録をしましょう。少しでも時間を空けるとやられる危険はあるので本当に「すぐ」やった方がいいです。

 

 

メールで情報を受け取る場合は、そのメールアドレスが流出しないように気をつける必要があります。この点に関しましては取引所ではどうこうできないので、自分で管理して用心しなければいけません。

 

 

(1−6)ビットコイン以外の仮想通貨を多く取り扱っているか

 

ビットコインだけを売買したいという方は別ですが、それ以外の仮想通貨の取引も考えている方ならば、どれだけ多くの種類の仮想通貨を取り扱っているかは重要です。

 

 

仮想通貨として代表的な通貨はビットコインですが、イーサリアムやモナコインなど、いくつもの種類があります。中にはビットコインに負けないぐらい、高騰するような仮想通貨もあります。

 

 

そのようなビットコイン以外の通貨の取引をしたいと思っても、アカウントを開設した取引所で扱っていなければ、売買することはできません。ビットコイン以外の取引も考えているならば、使いたい取引所で扱っている仮想通貨は何があるか見ておきましょう。

 

 

2、お勧めのビットコイン取引所

 

ビットコインを始める場合に、どのような取引所を使えばよいか、それぞれのポイントを紹介しました。それを踏まえた上での、お勧めの取引所を紹介します。是非利用する取引所を決めるときの参考にしてください。

 

 

(2−1)ビットフライヤー

 

 

2014年に設立された取引所であり、日本では一番最初の仮想通貨取引所です。リクルートやGMOなどの大手が出資しており、国内の取引所ではトップクラスの資本です。資本が大きいので、仮想通貨を売買する人にとっては、安心して利用できますね。

 

 

ビットフライヤーの取引手数料が無料ではないので敬遠する方もいるかと思いますが、ビットフライヤーの大きな特徴はその取引量にあるのです。ビットフライヤーのビットコイン取引量は国内の取引所で比較するとほとんどの割合を占めるという結果になっています。

 

 

ようするに国内ほとんどの方がここビットフライヤーで取引をしているということです。そのため取引の成立確率は他の取引所を利用するよりも遥かに高いといえるでしょう。取引手数料があるためビットコインの取引を考える場合は回数多くせず、ここぞという時にするといいです。

 

 

ちなみにビットフライヤーには保証サービスが存在します。その保証はIDやパスワードが盗られてアカウントが奪われて不正に出金された際にその損害に対応してくれるものです。不正ログインされた時限定ですが、ビットコインではあり得るトラブルなのでこれによる保証は意外と有難いものになっています。

 

 

 

(2−2)ザイフ

 

 

ビットコインを始めるならば、おすすめの取引所はザイフです。2015年3月に設立された仮想通貨取引所で、テックビューロ株式会社が運営しています。知名度ではまだ十分とは言えませんが、実はホリエモンが監修した取引所です。

 

 

ビットコインならば、取引所での手数料が-0.01%とマイナスになります。取引すればするほど、手数料をもらえるということになります。ザイフならではの特徴としては、仮想通貨での積み立て貯金ができる、コイン積み立てがあります。毎月の積み立て金額を、毎日こつこつと買い付けていくので、平均した価格で仮想通貨を購入して、積み立てていけます。

 

 

 

3、まとめ

 

ビットコインを始めるときは、仮想通貨取引所を使って、売買を行います。取引所によっても、それぞれ特徴があり、使いやすいかどうか決まってきます。最後にもう一度、どのようなポイントで選ぶべきか、見てみましょう。

 

  • 取引手数料が無料、または安い
  • 取引量の多い
  • 資金を分別管理している
  • 二段階認証やコールドウォレットを導入している
  • ビットコイン以外の通貨を多く取り扱っている

 

ビットコインを始めるために、利用しやすく使用者にメリットの多い取引所を使うと、売買しやすいです。使いやすそうな取引所で、上手にビットコインを始めていき、上手く利益を上げてください。

ビットコイン取引所ランキング