51%Attackに強いビットコインのプルーフ・オブ・ステークとは


51%Attackに強いビットコインのプルーフ・オブ・ステークとは

51%Attackに強いビットコインのプルーフ・オブ・ステークとは

プルーフ・オブ・ステーク(proof of stake)とは、「ピアコイン(アルトコインのひとつ)」で採用された資産保有量がセキュリティ保護の役割を果たす新しいシステムです。ですから、もう一つのビットコインのプルーフ・オブ・ワークとはまた別のシステムだといえるでしょう。

 

 

プルーフ・オブ・ステークは51%Attackに強い

 

プルーフ・オブ・ステークが考えだされた経緯について詳しくはわかりませんが、やはりビットコインで考案されたプルーフ・オブ・ワークなどでは、中国などの組織化されたマイニング・グールプによる51%Attackにみられる危機は、なかなか回避できません。

 

 

プルーフ・オブ・ステークは、ビットコインと同様、ハッシュ計算が使われていますが、プルーフ・オブ・ワークのような総当たり式ではなく、コイン・エイジ(コインの保有年数を表す)に基づいた計算範囲が狭まる仕組みが用意されています。そのため、プルーフ・オブ・ワークと違って、プルーフ・オブ・ステークは、高性能なコンピューターや膨大な電気代を必要としませんし、51%Attackの心配もほぼないと言えます。

 

 

プルーフ・オブ・ステークが51%Attackに強いのは、保有年数が長いコインを持つほど。ブロックチェーンが有効となりやすいのです。つまり、プルーフ・オブ・ステークは、コスト的には非常に高く付きますが、特定のコインを多く持つことで、結果的に自分で持っているコインの価値が目減りしやすいく、51%Attackの状態を作りにくいのです。

 

 

プルーフ・オブ・ステークのデメリット

 

ただし、プルーフ・オブ・ステークはコインを持ち続ける傾向があるために、価値が上がりにくいといったことは、プルーフ・オブ・ステークのデメリットにもなります。コインの保有量にセキュリティ保護を依存させると、ブロックチェーンが活性化されないといったことも気になります。

 

 

そのため、暗号通貨のコミュニティでは、プルーフ・オブ・ステークとプルーフ・オブ・ワーク、それぞれの良いところを共存させた新たなコインも研究・模索されています。

ビットコイン取引所ランキング