ビットコインのプルーフ・オブ・ワークとは?


ビットコインのプルーフ・オブ・ワークとは?

ビットコインのプルーフ・オブ・ワークとは

ビットコインの世界でよく用いられる用語にプルーフ・オブ・ワーク(proof of work)がありますが、簡単に言うと、プルーフ・オブ・ワークとは、ビットコインにあってはならないコイン偽造を防ぐための仕組みのことです。

 

 

また、この仕組自体がビットコインのシステムを端的に表していることから、「プルーフ・オブ・ワーク=ビットコイン」的な意味でも使われています。

 

 

ただ、その仕組を言葉で説明するのが、幾分困難なことから、ちょうど良い説明が少なく、また詳しく解説されているものは、やや専門的なものが多いです。また、プルーフ・オブ・ワークというのは、イコール「マイニング」として片付けているものもあります。

 

 

そこで、ここでは用語解説のつもりで、ビットコインのプルーフ・オブ・ワークを少しでもわかりやすく理解できるようにまとめてみることにしました。

 

 

プルーフ・オブ・ワークとは膨大な計算の連続

 

プルーフ・オブ・ワークとは、仕事量によってビットコインのセキュリティ保護のを担うシステムのことです。仕事量は計算量と置き換えても構いません。

 

 

ビットコインの取引単位をブロックと言います。通常、このブロックには送金額や送信者自身の取引情報などが含まれていますが、そのほかにも「nonce(ノンス)」と言う使い捨てのランダム変数が含まれています。この使い捨てのランダム変数、nonceこそ、プルーフ・オブ・ワークの説明には欠かせないものです。

 

 

ここからは仕組み上のことですから、無理にわからなくても良いのですが、たとえば送金リクエストがあると、それを受け取る役目の別の参加者(ノードと言う)に送金データが送られるようになっています。そこでは、この送金リクエストが間違っていないかを検証できるようになっています。

 

 

次はこのリクエストが正しいデータとして正式に支払い済みと採用されるため、ビットコインのネットワーク上のすべて参加者(ノード)に競争させるわけです。この競争がマイニング(採掘)なのはご存知の方も多いと思います。この時の計算に使われるのが、先ほども出てきたnonceという使い捨てのランダム変数です。

 

 

計算では、もちろん高性能なコンピューターを使いますが、正しいnonceを導き出すには、その計算は総当り式でこなさなければなりません。プルーフ・オブ・ワークとはまさにこの膨大な計算の連続なのです。別の言い方をすれば、膨大な作業(計算)をさせることで、コイン偽造を防いでいるわけです。

 

 

またよく言われることですが、ビットコインのブロックチェーンは、仮にデータ改ざんでビットコインを偽造しても、過去の取引やその後に行われてきたデータも再計算しなければなりません。その分、計算に次ぐ計算となり、ブロックチェーンの偽造は非常に困難になります。

 

 

つまり、プルーフ・オブ・ワーク自体が、ビットコインを不正改ざんから守る堅牢なる城だともいえるわけです。

ビットコイン取引所ランキング