ビットコインは世界で利用されているのになぜ日本では広まらないの?


ビットコインは世界で利用されているのになぜ日本では広まらないの?

ビットコインは世界で利用されているのに、なぜ日本では広まらないの?

ビットコインは、まだ全体的な普及にまで広がっているわけではありませんが、世界の国々に比べると日本ではどうも広まらないことに疑問を感じている方もいることでしょう。そこで、どうして、日本ではビットコインが広まらないのかを考えてみました。

 

 

円が信用されているから

 

注目のビットコインですが、海外ほど日本国内では普及しているとは言えません。その理由は何なのでしょうか。

 

 

まず日本とは逆に、ビットコインが普及している国は、例えば中国です。日本と中国の違いというと国家への信頼ではないでしょうか。日本も決して偉そうなことは言えませんが、中国よりは安全に暮らせますし、そのことが自国の通貨への信頼を高めています。

 

 

中国は経済的に翳りは見えますが、規模の面では日本以上の大国です。ただし、質の点では、はるかに日本より遅れていると言わざるを得ません。そのことは中国の人たちが一番理解しています。

 

 

また、中国は自国の通貨を信用していません。だから、お金を持っている中国人はビットコインに投資するのです。つまり、円はまだ国内外から信用されているため、ビットコインの利用がそれほど広がっていません。

 

 

円にとって代わるのか?

 

ビットコインが円にとって代わるのかということですが、世界的に通貨制度が破たんしない限り、国の通貨に代わって仮想通貨(暗号通貨)が使われることはないでしょう。

 

 

ただし、日本円がハイパーインフレなどでまったく価値がなくなれば、代替の通貨が生まれる可能性がありますが、それがビットコインかどうかはわかりません。

 

 

ただし、ビットコインは通貨ではありませんので、現物自体はないことになります(つまり、普通の財布が使えないことになります)。ですから、新しい通貨が使われるか、他国に占領された後、占領国の通貨が新しい通貨となるのではと思われます。

 

 

普及するのはどんな国?

 

繰り返しになりますが、ビットコインが普及しやすいのは、自国の通貨に信用がない国です。また、信用はありながらも、自国の通貨に限界を感じている国もビットコインは普及しやすいのではないでしょうか。

 

 

典型的なのはアメリカですし、資本主義が生まれ、奇しくもEU離脱を宣言したイギリス、また欧州の古い国家なども(たとえばギリシャなど)そこに含まれるでしょう。

 

 

資本主義が進めてきた通貨制度は、ある意味で限界を迎えています。それを感じはじめている国も、心の何処かで仮想通貨を求めていたのです。

 

 

通貨制度は残っていくと思うのですが、既得権益グループに属していたり、一部の金持ちだけが富を得るようにできている古い通貨制度は、ある意味でなくなります。ビットコインや仮想通貨は、新しい時代に必要な新しいお金の価値観ではないでしょうか。

ビットコイン取引所ランキング