ビットコインはそもそもどうやって価値が出てきたのか?


ビットコインはそもそもどうやって価値が出てきたのか?

ビットコインはそもそもどうやって価値が出てきたのか?

ここでは、どうしてビットコインに価値が備わってきたかを見ていきます。ビットコインをはじめてみようという方は増えていますが、なぜビットコインに価値があるのか、不思議に思う方もいるでしょう。出来る限り、短くまとめていますので見ていきましょう。

 

 

そもそもお金に価値を与えたのは人間という事実

 

ビットコインの価値を理解する前に考えていただきたいことは、なぜ、円やドルは価値が広まったのでしょうかということです。

 

 

日本で言うと、現在の貨幣経済は、物々交換は何かと面倒が多いから、徳川幕府が貨幣の仕組みをつくり、江戸の銀座と金座にそのお金を作る工場のようなものをつくりました。つまりお金は神様がつくったわけではなく人間が作ったわけです。したがって、その価値も必要に迫られてつくったわけです。

 

 

紙幣のことを「紙屑」に例えて表現する方もいますが、本来、価値は付与されていなければお金もタダの紙屑です。しかし便宜上、価値を付与して広めたのは人間です。ビットコインも同じで、人間が価値をつけました。それにより、はじめは1BTCで1円にも満たなかったビットコインも今では5万円となっています。つまり、こうした相対的な価値もみんな人間が与えています。

 

 

生き物がこの世に生を宿すのは神業かもしれませんが、1BTCが5万円という価値を与えたのは人間なのです。

 

 

ビットコインの価値はこうして広まっていった

 

ただ、ビットコインは5万円になった理由を知りたいのだと思いますが、少なくとも従来の法定通貨とビットコインが同じなら、ここまで価値はあがらなかったはずです。やはりビットコインが、これまでの貨幣や紙幣とは違うユニークで有用なものだから、価値が理解されて広まったのです。

 

 

でも、はじめから、その価値をきちんと理解してビットコインを買った人は、おそらく少ないはずです。よく言われるビットコイン長者にも、はじめは何も知らず気まぐれに買っておいたビットコインが、数年後にその価値を知って驚いた人もいるぐらいだからです。

 

 

ただ、はじめからSatoshi Nakamotoが書いた論文を読んだり、BitcoinWhitepaperを読んだ方も、エンジニアの中には一定数いたはずです。そうした文献を読み切る力がある方が、「ビットコインは確実に将来化ける」ことを予知できていたとことは、間違いないと思います。

 

 

また、そうしたリテラシーのある方のなかには、価値が上がることを予測して誰にも先んじてマイニングを始める方もいたでしょうし、利用者が増えてくれば取引所を運営したり、ビジネスをはじめた方もいたでしょう。

 

 

そうこうしているうちに、Satoshi NakamotoやBitcoinWhitepaperなど、文献を読めない方にも、ビットコインの分かりやすい情報等がネットを通じて行き渡るようになります。そして、ビットコインの価値が理解され出すと、もうあとは止まりません。

 

 

ビットコイン長者のなかには、まだビットコインの価値は上がると言っている方もいますが、これは、おそらく間違いのないところだと思います。

 

 

ビットコインは仕組み・設計が非常に良く出来ている

 

ビットコインにはさまざまなメリットがあります。たとえば、海外送金の手数料が異常に安く、時間がかかってもいいなら、無料にもなるという部分です。

 

 

これは、ビットコインが付加価値として抱えているメリットではなく、仕組み・設計自体が、そのようにさせているのです。また、仕組み・設計自体が素晴らしいから、多くの人が仮想通貨に信頼を抱いています。

 

 

反面、リスクも十分理解していなければいけませんが、今後もビットコインの価値は間違いなく上昇していくことになるでしょう。

ビットコイン取引所ランキング