なぜ取引所によってビットコインの価格が違うの?


なぜ取引所によってビットコインの価格が違うの?

なぜ取引所によってビットコインの価格が違うの?

なぜ取引所によってビットコインの価格が違うのか。これは、ひとえにビットコイン自体に流動性が乏しいからです。おそらくビットコインはFXの初期の頃よりも注目はされているはずですが、投資に参加している人の数は注目度に比べて少ないはずです。やはり暗号通貨とか仮想通貨ということが、多くの投資家にとって(特に日本では)なじみがなく、手をこまねいている部分もあるのだと思います。

 

 

ビットコインはそれぞれの思惑に違いが反映されやすい

 

ビットコインの価格が上下する理由は、需要と供給のバランスが常に変化しているからです。

 

 

また、ビットコインは国で管理されている通貨でもありませんので、価格変動は自ずと大きくなってしまいます。そこに市場では、投資家や投機家、現物のビットコインを必要とする一般ユーザーなど、さまざまな思惑が入り混じります。そうしたことが、ビットコインの価格の落ち着かない特性を、一層際立たせるのです

 

 

新しい媒体のビットコインの価値が定まらないのは無理もありません。ビットコインは130年とか140年後に発行量が上限に達するということです。少なくとも、いまの円などと同レベルで価格が落ち着くには、発行量が上限に達するのと同じ年数がかかるかもしれません。

 

 

ビットコインは市場参加者がまだ少ない

 

また、冒頭でも言いましたが、ビットコインは市場参加者が少ないです。この数字が変われば、取引所間の価格差も少なくなりますし、その差は消えてなくなります。

 

 

また、取引所間で起こる価格差は、アービトラージという投資手法も生んでいます。

 

 

アービトラージは、FXの初期でも使われた金融投資の基本ですが、それぞれの取引所の手数料を考慮しても、価格差が生じる場合にやる価値はあります。ただ、価格差が出ている時間は意外に短いものなので、アービトラージを使う場合は注意が必要です。

 

 

アービトラージが出来やすい環境とは

 

ただ、アービトラージも、やる人が増えると価格差はすぐ調整されてしまいます。これは、先ほども言った通りで、市場の参加者が増えるほどその効率が良くなっていくからです。

 

 

ただ、ビットコインも、次第にアービトラージがしにくくなっているのは確かです。ビットコインでも、いまアービトラージをやっている人は、ボットをつくってプログラムが常に価格差を監視しできるようにして、価格差が生まれた瞬間に注文を取りにいくということをしています。つまり、みんながチャレンジできる方法ではありません。市場参加者がもう少し増えれば、アービトラージは過去のものになってしまうでしょう。

 

 

ただ、アービトラージは邪道と言う人もいますが、決してそんなことはありません。アービトラージは、安いところで買い、高いところで売ると言った投資の基本を私たちに教えてくれます。

ビットコイン取引所ランキング