ビットコインに保証または救済措置はあるのか?


ビットコインに保証または救済措置はあるのか?

ビットコインに保証または救済措置はあるのか?

ビットコインの取引所を選ぶとき、気になることは何かあった際の救済や損失補てんはちゃんとやってくれるのかということですが、残念ながらビットコインには、まだ救済や補てんのスキームはないのが現状です。

 

 

そんな中、日本にも世界レベルの投資環境を手にできる取引所もできているようです。そのひとつをここに紹介してみましょう。

 

 

国や金融機関が保証してくれるのか?

 

一通貨としては完全なる自己責任での運用が求められるビットコインですが、投資材料としてビットコインを見た場合も、国や金融機関(証券会社など)が現在のところは保証してはいません。

 

 

国や証券会社の保証という点で、たとえばFXだと信託保全が行き渡っています。信託保全は、顧客の資産とFX会社の運営資金が完全に分離していることを意味していますが、2000年代前半までのFX会社は、それがまだ整ってはいませんでした。ですから、ある意味で、現在のビットコイン取引市場と似ているところがあります。

 

 

ただ、その後FX会社は国の指導がはいり、何年も掛かって体制が整っていきました。ビットコインも、今後国の指導などを経て、体制は整ってくるでしょうが、現状はまだリスクを取りながら投資を行っています。

 

 

取引所が閉鎖されると保有しているビットコインはどうなる?

 

また、ハッカーから狙われ続けているのがビットコインです(この手の話題は、日本だとマウントゴックスの破綻が重ねられますが、マウントゴックスはハッカーから狙われたわけではなく、内部に問題がありました)。

 

 

海外では有名な取引所がハッカーに狙われていますが、損失があった場合は、当然ビットコインは戻ってきません。これは先程も言ったとおりで、ビットコインもFXのように信託保全と同じシステムを持つなどしなければ資金は守れないのですね。

 

 

ただ、ビットコインの場合、法定通貨ではありませんから、FXと同じ方向での信託保全が実施されるかは疑問です。おそらく、より自己責任の要素が強まったものになるのではないでしょうか。

 

 

資本金や財務状況がしっかりしている取引所で取引をするのが大事

 

それでも、ビットコインの魅力は、まだ多くの人が投資に参加していないこと。ボラタリティも高いビットコインはFX以上の投資の魅力もあります。ですから、リスクを取りながらも、優秀な取引所を選んで投資にもチャレンジしたい人もいるでしょう。

 

 

そんな方におすすめなのが、レバレッジ最大20倍の信用取引が可能なビットバンクトレード(BTCFX)です。

 

 

ビットバンクトレード(BTCFX)は、ビットバンク株式会社という親会社があり、資本金や財務状況がしっかりしている取引所としても有名です。

 

 

ビットバンクトレードには「板」があるため、株のデイトレードの経験がある人なら、すんなり取引に入っていけるなどの利点があります。またビットバンクトレードのBTCFXには「リアルタイム・チャート分析ツール」などもあり、ビットコインのわりにチャートが豊富なのも魅力です。

 

 

ビットバンクトレードは、現物取引出来高の世界最大のビットコイン取引所を運営し中国に拠点を置くOKcoin社の取引プラットフォームを利用しています。

 

 

つまり、ビットバンクトレード(BTCFX)は、時間とコストを節約しながら、世界最大級のシステムを体験できるのです。

 

 

マウントゴックス亡きあと、最高の投資環境を手にできるビットバンクトレードは要注目の取引所です。

ビットコイン取引所ランキング