ビットコイン取引所比較


ビットコインと通常の為替相場は何が違うの?

ビットコインと通常の為替相場は何が違うの?

これからビットコインを始めようと思っている人でも、為替とどのような関係があり、何が違うのか?と疑問に思っていませんか?

 

 

仮想通貨は通貨という名前が付くので、為替と似たようなものなのかと思うかもしれませんが、もちろん似ている部分もあり、大きく違うところもあります。

 

 

レバレッジや取引可能な時間、スワップポイントなど、どのように違っているのか理解した上でどっちを選べばいいか判断したいですよね。具体的にどのような違いがあるのか知ると、自分にはどちらが向いているのかわかり、投資を始めやすくなると思います。

 

 

1、ビットコインと為替相場の違い

 

細かな違いもありますが、ビットコインと為替相場の違いは主に以下の点となります。

 

取引可能時間の違い

 

FXとビットコインの取引時間の違い

 

・FX

 

FXの取引可能時間は、月曜日から金曜日までとなっており、この曜日内であれば、24時間いつでも取引ができます。ただし、年末年始や夏休みなど、一部特定の日は取引ができません。また、日本が祭日でも市場が開いており、取引できる日もあります。

 

 

・ビットコイン

 

ビットコインの取引可能時間は、土日祭日、年末年始関係なく、24時間いつでも行えます。これは土日などでも、常に市場が開いているために、365日24時間いつでも取引可能です。つまりは、自分の時間の空いているとき、都合の良い時間に取引できるというわけです。

 

 

価格の変動率の違い

 

FXとビットコインの価格の変動率

 

・FX

 

FXの価格変動率は、1日に多くても5%前後です。例えばドル円が100円であれば、1日に95円から105円の範囲で動くことを意味しています。ビットコインよりも価格変動率は低いです。ただし、ときにはスイスフランショックのときのように、40%も下落する場合もありますがごく稀です。

 

 

・ビットコイン

 

ビットコインの魅力というと、その価格変動率が高いことです。1日に10%も値が動くことは日常茶飯事であり、ときには30%以上も値が動くこともあります。他の主要な投資商品、そしてFXと比べても、価格変動率はとても大きいと言えますね。

 

 

通貨の安定性はありませんが、投資商品として見ると、とても魅力的です。ちなみにアルトコインと呼ばれる、マイナーな仮想通貨になると、1日に50%以上も値が動くこともあります。

 

 

レバレッジの倍率の違い

 

FXとビットコインのレバレッジの倍率の違い

 

・FX

 

FXのレバレッジは、国内業者を使用すると、レバレッジは最大で25倍までです。これはどのFX業者を使っても同じです。ただし海外のFX業者を使う場合は、100倍や500倍など、25倍以上のレバレッジを使うことができ、より少ない資金で為替取引を行えます。

 

 

・ビットコイン

 

ビットコインのレバレッジは、国内の取引所を使うと、どの取引所を使うかで最大レバレッジは違ってきます。それぞれの取引所での最大レバレッジは、GMOコインが5倍、ビットバンクトレードが20倍、ビットフライヤーが15倍、ザイフが信用取引だと7.77倍、先物型だと25倍までとなっています。

 

 

また海外の取引所を使うと、一部100倍までのような高レバレッジのところもありますが、殆どは5倍や10倍と国内の取引所とそれほど違いはありません。

 

 

スプレッドの違い

 

・FX

 

FXのスプレッドは、どのFX業者を使うか、どの通貨ペアを使うかで違ってきます。通貨ペアの中でも一番スプレッドが狭いのがドル円であり、国内のFX業者だと、1通貨あたり0.3銭というところが多いです。逆にスプレッドの広い通貨だと、1通貨あたり1銭から20銭ぐらいです。

 

 

・ビットコイン

 

ビットコインのスプレッドは、どの取引所を使っても、FXよりは広くなっています。例えば1ビットコインあたり、ビットフライヤーだと3万円、ザイフだと9万円、GMOコインだと5千円ぐらいになります。スプレッドで考えると、GMOコインが一番狭くておすすめです。

 

 

ただビットコインのスプレッドは、日々変化していくので、この数字も日々変わっており、参考値としてご紹介しました。取引所が設立されてまだ日が浅いので、これからスプレッドが改善されることが期待できます。

 

 

スワップポイントの違い

 

・FX

 

FXのスワップポイントは、どこのFX業者を使うか、どの通貨ペアで取引するかで違ってきます。国内のFX業者を見ると、ドル円1万枚あたり、どのFX業者でも1日40円から50円ぐらいになります。スワップポイントが高い通貨ペアとしては、1万枚に対しトルコリラ円が1日80円前後、南アフリカランド円が1日120円から160円ぐらいです。

 

 

・ビットコイン

 

ビットコインのスワップポイントはありますが、買いも売りも支払いになっていることがFXとの違いです。FXのスワップポイントは、2国間のそれぞれの通貨の金利差によって生じ、どのような通貨ペアでも、売りか買いのどちらかがプラスとなり、もう一方はマイナススワップポイントになりますよね。

 

 

しかし仮想通貨のスワップポイントは意味合いが違い、仮想通貨には金利はないので、通常ではスワップポイントは付きません。そのためビットコインのスワップポイントは、金利差という意味でなく、手数料として付与されます。このために、常にマイナススワップポイントとなり、どの取引所を利用しても、スワップポイントがマイナス計上されます。

 

 

国内の取引所のビットコインのスワップポイントはそれほど差はなく、1日あたり0.04%ぐらいです。つまりはこれは1ビットコインが100万円であれば、1日400円のスワップポイントの支払いが発生することになります。

 

 

相場への介入の有無

 

FXとビットコインの違い|相場への介入

 

・FX

 

FXは世界情勢と通貨に関係する国の動向によって、為替相場が変化します。その中の1つとして国の政府の介入があります。為替介入の目的としては、急激な為替相場の変動を抑えること、または為替のトレンドを変えることや誘導するときに行われます。為替介入が行われると、1日に100pips以上も相場が動くこともあり、急激な変化をもたらします。

 

 

・ビットコイン

 

ビットコインでは、政府の介入はありません。そもそも、各国では外貨準備金というものがあり、自国の通貨が安くなったときに、対応するための資金を用意しています。

 

 

しかし、ビットコインはどこの国の通貨にも属せず、国としてのビットコインの準備金もなく、それ故に各国政府の介入は今のところなされないのが現状です。また、株式のようにストップ高やストップ安もなく、1日の値動きの上限は決まっていません。

 

 

ビットコインは、大きく値を下げることもあり、損失が膨らむ危険もあります。その反面、大きく値を上げることもあり、1日50%近く高騰することもあり、大きく稼げる可能性を秘めているのです。

 

 

2、結局FXとビットコインはどっちが稼げるの?

 

レバレッジや価格、手数料に関して、FXとビットコインそれぞれの違いと同じ部分を見てみました。その点を踏まえて、FXとビットコインでは、どちらが稼げるのでしょうか?

 

 

一攫千金を狙うならビットコイン

 

一攫千金を狙うイラスト

 

一攫千金、短期間で大きく稼ごうと思うならば、ビットコインの方が有利です。ビットコインは2017年の1月は10万円前後の価格でしたが、2017年12月には、最高値の218万円の価格になります。約21倍にも値段がふくれあがり、1年間ビットコインを保有するだけで、資産が約21倍に増やすことができたのです。

 

 

これはやはり1日の値動きの制限がないというのが、大きく関係しています。10万円から始めれば、レバレッジを1倍や3倍でも、十分に取引できるので、より安全に取引ができます。

 

 

コツコツ稼ぐならFX

 

コツコツ稼ぐイラスト

 

FXも取引の仕方によっては、大きく稼ぐことができます。例えば、日本で一番取引量の多いドル円は、2011年に76円の最低値を記録し、その後2015年には125円まで値が上がりました。ビットコインほど急激ではないですが、76円ときに買い125円のときに売るとすると、ドル円を1万枚もっていれば、49万円の利益になったのです。

 

 

ただFXではレバレッジを高くしやすく、そのためにレバレッジを高くして保有ポジションを多くするほど、少しの値動きで含み損が増えて、すぐにロスカットになります。資金の少ない人は、FXでの一攫千金を狙うのはおすすめできません。安全にFXで取引するなら利小損小が良く、これはこつこつ型のトレードとなり、FXはこつこつ少しずつ利益を積み重ねるのに適しています。

 

 

3、まとめ

 

ビットコインとFXは、どちらでも投資することができ、資産運用をすることが可能です。しかしこの両者は似ているようでも、違う部分もいくつかあり、もう一度その部分を見てみましょう。

 

  • FXは月曜日から金曜日まで取引でき、ビットコインは365日いつでも取引ができる
  • FXよりもビットコインの方が価格変動率が高い
  • レバレッジは、FXの方が高くなっている
  • スプレッドはビットコインの方が広く、スワップポイントもビットコインの方が多い
  • ビットコインには、政府介入はない

 

いくら資金を持っているか、どのようにして利益を得て資金を増やしていきたいかで、FXかビットコインのどちらが向いているのか違ってくるでしょう。ただレバレッジという仕組みがあるので、少ない資金でも取引でき、短期間で一気に増やしたいならば、ビットコインがおすすめです。

 

ビットコイン取引所ランキング