ビットコインとモナーコインを比較してみた


ビットコインとモナーコインを比較してみた

ビットコインとモナーコインを比較してみた

ビットコインは全くの無名の仮想通貨でしたが、いまでは相当に価値があるお金に育っています。ただ、仮想通貨や暗号通貨はもちろんビットコインでけではなく、ビットコインに続くコインも出ています。ここでは日本発のモナーコインを紹介してみましょう。

 

 

モナーコインとは

 

モナーコインは日本で作られた暗号通貨(仮想通貨)で、できたのは2013年のようですが、流通しだしたのは2014年の1月ではないかと見られています。

 

 

モナーコインは日本の巨大掲示板である「2ちゃんねる」から誕生したということですが、現在は現ブロックチェーンに移行しているようです。モナーコインのプログラムはビットコインと同じで、オープンソースを使っており、モナーコインプロジェクトにより作成・公開されています。

 

 

またコインの発行・運営に関しては次のような記述がされています。

 

 

モナーコインプロジェクトではコインの発行・運営はしておりません。モナーコインは利用者が実行しているクライアントプログラムが形成するモナーコインネットワークによって維持されており、管理者等は存在しません。

 

 

つまり、モナーコインもビットコインと同じように、利用者が実行するプログラムによって運営・維持されていて管理者もいません。これが法定通貨に馴染んでいる僕たちがいちばん躓くところですが、この部分が暗号通貨や仮想通貨の、いちばんの特徴でもあるのですね。

 

 

ビットコインとモナーコイン何が違うの?

 

当然ながら、モナーコインはスタートしたばかりのコインであり、ビットコインのようなパイオニア感もありませんから、流動性はビットコインよりもさらに低くなりますし、投機的な使い方をした場合は、ボラタリティの高さに驚くことになると思います。はっきり言ってしまうとこれからの仮想通貨なのですね。

 

 

ただ、リップルなどは大手が出資している関係(有名なところではGoogleが出資している)で、ビットコイン的な性格(暗号通貨としての性格)が多少弱まるのではと思いますが、モナーコインには今のところそれがありません。

 

 

その意味では、リップルはまったくの暗号通貨ではない可能性もありますが、モナーコインも進む道は、ビットコイン同様、誰にも乗っ取られる心配のない暗号通貨(または仮想通貨)としての方向性です。

 

 

ただ、ビットコインと比べると、まだ市場価値が違いすぎます。ただし、モナーコインもいつ価値が上がるかはわかりません。これは、ビットコインもはじめはそう思われていたのです。ですから、モナーコインの眠っている力はまだ未知数なのです。

 

 

モナーコインはこれから楽しみな通貨

 

モナーコインはまだこれからの暗号通貨であることは間違いないこです。将来的に価値が上がるかもしれませんから、未来に期待して投資するのもひとつです。

 

 

まだ、モナーコインは学生でも気軽に買える安さですから、未来のビットコイン長者になることも夢ではないかもしれません。何と言っても、ビットコインも4年で1,000倍にもその価値が化けてしまいました。モナーコインも夢ではありません。

 

 

ビットコイン長者は、みんなごく普通の人です。フェイスブックの発明者として有名なウィンクルヴォス兄弟らが、唯一その名が知れて板ぐらいで、その他はみんな、超普通な人たちです。

 

 

この次に長者になるのはあなたかもしれません。

ビットコイン取引所ランキング