ビットコインの「51% Attack」とは


ビットコインの「51% Attack」とは

ビットコインが特定の団体に支配されてしまう「51% Attack」とは

今日は「51% Attack」について書くことにしていますが、その前にマイニングについて少し補足します。

 

 

マイニングは難解な計算問題を競争していると書きましたが、どうして難解な計算問題を解かなければならないかというと、ビットコインの価値が高くなるにつれて、計算のハードルも高まるからだと言いました。

 

 

これをもう少し具体的にいうと、ビットコインではおもに送金の手続きを検証するわけです。この場合、顧客の資産を一箇所で集中管理するシステムではない、分散型のシステムを持つビットコインでは、常に誰かが検証しなくてはいけません。その検証こそがマイニング(探索)なんです。

 

 

確認作業が寡占状態となる「51% Attack」

 

ただ、この計算にもコミュニティから是認が必要とされるのですが、その是認の基準が51%の賛同が必要とビットコインでは決まっています。しかし、先日の中国のように、ひとつのマイニング業者がビットコイン全体の7割を占めていると、ひとつの確認作業が寡占状態となり、ビットコインが悪用される可能性がでてきます。これが「51% Attack」の怖さなんです。

 

 

過去にビットコイン以外の暗号化通貨で「51% Attack」のようなことが起こり、通貨価値が著しく低下した例があります。どのように価値が暴落するかというと、ニセの通過をビットコインに増産してしまうのです。

 

 

電気を使って暗号通貨を手にできたProof of Workも特定の団体に支配されたら終わりというのはわかっていますが、それが中国のグループなのかどうかはわかりません。ただし、暗号通貨はビットコインひとつではありません。たとえば、アルトコインはマイニングなどの仕事量に依存しない通貨として注目されています。

 

 

ただ、ビットコインはどれぐらいもつのでしょう。やはり、ちょっと気になりますね。

ビットコイン取引所ランキング