ウォレットだけは忘れず!ビットコインの使い方と準備


ウォレットだけは忘れず!ビットコインの使い方と準備

ウォレットだけは忘れず!ビットコインの使い方と準備

ビットコインはウェブマネーとも比較されることが多く、身近な店舗などでもビットコインが使われるように期待されています。ビットコインがどのような場面で引き出して使われるか、ビットコインの使い道などをまとめてみましたので参考にしていただければ幸いです。

 

 

ビットコインの使い方と準備について

 

多少、始め方とダブるとは思いますが、まず使い方の前に少し準備編を設けてみました。

 

 

最初にも言いましたが、ビットコインを使うにはインターネットに接続されたPCまたはスマホが必要です。またウォレットアプリもかならず使いますので準備していない方は用意しておきましょう。

 

 

ビットコインに限らず、すべての暗号通貨はウォレットアプリに入出金などの記録が表示されており、送金先やどこからの受け取りなのかがひと目でわかるようになっています。ウォレットは非常に大事なのではじめに用意しておきます。

 

 

つぎにウォレットアプリでビットコインのアドレスを発行します。そして送金してもらう場合は、送金してもらう相手にアドレスを伝えることで行ないます。

 

 

友だちがいれば、その方と送金・受け取りを試してみると、ビットコインの仕組みが飲み込めると思います。良かったら、ぜひやってみてください。

 

 

ビットコインを日本円で換金・購入するには

 

次に覚えてみると良いのが、日本円での購入・換金です。ビットコインは当然ですが日本円で購入・換金できます。換金場所は販売所や取引所ですが、いずれもオンラインサイトなので間違いのないようにしてください。

 

 

【ビットコインの販売所・取引所】
・Payびっと
・bitbank Wallet
・Zaif Exchange
・bitFlyer
・BtcBox

 

一定額以上のビットコインを日本円で購入する場合、登録時に免許証など身分証明書・本人確認書類のコピーが必要なことがありますので、免許証・保険証などは用意しておいた方が良いでしょう。

 

 

ビットコインは投機目的で購入する方もいるので、しばしば大きく価格変動してしまうこともあります。相場にも常に注意を払いましょう。

 

 

ビットコインが使える店で支払う手順など

 

ビットコインが使える店は徐々にですが増加傾向に向かっています。大きな都市では地図に表示されるアプリなども出てきています。
あとは、実際の店舗で、ビットコインによる決済方法をおさらいしておきましょう。

 

 

1.実店舗で商品の購入やサービスを受け、ビットコインで支払うには、ビットコイン決済アプリ「coincheck」や「その場で決済」を使います。
2.アプリを開き、金額を入力して伝票を作成します。
3.伝票ができたら、そのあとはウォレットを使いお客様の端末からQRコードコードを読み込み、ビットコインを送金してもらいます。送金が済むとお会計が完了したことになります。

 

たとえ、手順がわからなくなったとしてもネットに接続しているスマホとウォレットがあれば、お店の方が教えてくれます。やはりウォレットは準備しておくことですね。

ビットコイン取引所ランキング