はじめての「ビットコイン」 税金の扱いはどうなる?


はじめての「ビットコイン」 税金の扱いはどうなる?

ビットコインはマウントゴックスの破綻を受けて、国内では急落していましたが、その価値が再評価されて、円換算するとここ最近では1.5倍近く上がっています。

 

 

そうなって来ると、気になるのは税金の扱いですが、ほとんど前例がない仮想通貨なだけに、対応はどうなっているか気になるところです。

 

 

ビットコインの取引で生じた利益は譲渡所得

 

政府見解では、ビットコインを通貨ではなく、「モノ」と見ているようです。より具体的に言うと、政府見解では「モノ」とも判断を下していないようにも見られるのですが、通貨以外は全て「モノ」という考えのもとでは仮想通貨は「モノ」と言えます(ややこしいですね)。

 

 

この考え方からみていくと、次のようになることが考えられます。つまり、ビットコインの取引で生じた利益は譲渡所得となり、所得税として納税しなければならないということです。

 

 

譲渡所得だから50万円までの非課税枠がある

 

ただし譲渡所得には50万円の非課税枠があります。したがって、そのほかの譲渡所得と合算しても50万円以下の利益であった場合は、そのぶんは確定申告しなくても良いことになります。ただし、譲渡所得合計が50万円を超えた場合は、これを申告しなければなりません。

 

 

最近ではサラリーマンの方でも、本業以外の副業でも所得が発生している方は多いですから、納税に関して分かりにくいことはないと思います。

 

 

なお、ここで言う譲渡益とは、ビットコインを現物FXなどで取引を行ない、それによって得た利益などを指すものであろうと思います。(ビットコインは通貨ではありませんから、ビットコインを購入して得られる差益(損得)というものは存在しません)

 

 

ビットコインに悪い資金が流れていると心配するのなら…

 

またビットコインは、脱税やマネーロンダリングに使われるのではと言う心配もあります。確かにそのような心配があることは否定しません。

 

 

ただし多額の脱税があって、その資金の隠し場所がビットコインのネットワークだとしても、ビットコイン自体は不正を隠し通せる場ではありません。なぜなら、ビットコインは、調べればすぐ、入出金経路などが誰にでも分かるからです。

 

 

そういう意味では、マネーロンダリングについても同じです。ビットコインとは、常に明け透けの資金の隠し場所なのです。実際に本人と特定することは、ビットコインの場合は秘密鍵もありますので誰にも簡単にというわけにはいきませんが、もともとオープンな仕組みのため、資金の経路などはすぐ分かってしまいます。なので、ビットコインのネットワークに隠すというのは、あまりすすめられませんし、わかっている人は隠そうともしないと思います。

 

 

かりにそうした悪いお金を隠すのなら、ケイマン諸島の銀行のほうが、確実に目的のモノが引っぱり出せます。当然ですが、隠す方もそちらのほうが良いに決まっているでしょう。

ビットコイン取引所ランキング