「ビットコインとは何か」その仕組みについて


「ビットコインとは何か」その仕組みについて

「ビットコインとは何か」その仕組みについて

ビットコインというと、P2Pなどのネットワークの話を連想しますが、お金を動かすことを理解するには、決済システム、どういった手数料の仕組みを持つかなどを明らかにしなければならないでしょう。そこで、ここではビットコインの「採掘」という仕組みにも目を向けています。

 

 

ビットコインとは開かれた決済サービス・システム

 

ビットコインは名前からして、特殊な通貨と思っている人が多いと思いますがそれは違います。ビットコインとは、通貨の一種ではなく、決済サービス、あるいは決済システムそのものです。

 

 

もちろんビットコインも、円やドルにも現金化できますが、円やドルといった国家が管理する通貨ではないことを、まずはじめに言っておきます。

 

 

また、ビットコインはどこかの銀行の行っているサービスなのではなく、中本哲史(サトシ・ナカモト (Satoshi Nakamoto))という謎の人物が、2008年に投稿した論文が元となって、2009年から有志の凄腕プログラマーにより運用されているオープンソース・ソフトウェアです。このことからも、国や中央銀行が管理している通貨とはべつの概念のモノだということがわかります。

 

 

ただし、ビットコイン上のすべての取引履歴は銀行のように存在しており、しかもそれはネットワーク上で誰でも見ることができるようになっています。このオープンな元帳は「ブロックチェーン」と呼ばれており、誰もが見られる反面、誰も改ざんできない仕組みをもっています。

 

 

オープンだけれど、誰も改ざんを加えることができないシステムだからこそ、ビットコインの価値が増すわけです。ここは、重要なことなので、覚えておいてほしいところです。

 

 

決済を承認するメンバーに選ばれるとインセンティブが手にできる

 

では、管理している金融機関も存在していないビットコインで、ふつうは利益となる決済手数料はどのように扱うことになるのでしょうか。ビットコインの仕組みを理解するため、ここはどうしても外せない部分です。

 

 

ここでは例としてAからBへ、手数料0.1BTC(ビットコインの単位)で海外送金をするとしましょう。

 

 

まず、Aはビットコインのネットワークに送金リクエストを流します。すると、この送金リクエストを正式に承認するため、ビットコインのネットワークでは、特殊な計算によって正誤を争うメンバーらによる戦いが始まります(ここでは、便宜上わかりやすくするために、このような表現を使わせてもらいます)。そして、Cが勝者となったとします。するとこの送金リクエストの勝者となったCには、インセンティブとして25BTCのビットコインが新規に発行されます。

 

 

なお、勝者Cは、新しいページに算出された計算結果を次ぎの戦いのお題目として元帳に書き込み、自分のアドレス残高にもプラス25BTCと書き込み、それを写真に撮って再びネットワークに流します。

 

 

この戦いは通称「マイニング(採掘)」と呼ばれており、参加するには高度な知識と資金が必要です。ですから、「マイニング(採掘)」は、ほとんどが企業か組織間で行われており、一般のユーザーには縁遠いものです。ただ、こうしたことが、ビットコインの決済手数料を異常に下げることに繋がっています。これは、ビットコインと言う暗号通貨・仮想通貨ならではの魅力だと言えます。

 

 

なお、現在、新規発行されるビットコインは決められており、インセンティブの額も、2017年には報酬が25BTCから12.5BTCへと半減し、2021年には6.25BTC、2025年には3.125BTCへと減少していきます。なので、のべつまくなしにインセンティブを配布しているわけではありません(すべて、プログラムに書き込まれている)。

 

 

海外送金の安さこそビットコインのいちばんの特徴

 

ただ、はじめはインセンティブが25BTCものお金(日本円で約75万円か、それ以上にもなる)を手にできてはいますが、徐々にその額は減っていきます。なかには、そのことで、ビットコイン自体の魅力も段々落ちていくと考えている人もいるようです。

 

 

ただ、インセンティブについては、言わば先取り勝者という面はあるでしょうが、それを手にできる人・企業は、全体で見るとそれほど多いものではありません。それよりも、ビットコインの魅力は手数料の安さにあります。ビットコインを利用する人が増えると、利用者数に応じてその魅力も増大するはずです。

 

 

とくに海外送金は、一般の銀行とは比較にならないぐらい安価です。ビットコインの単純な魅力は、送金手数料が任意で決められ(着金日にこだわらなければ手数料0円もあり得る!)、それがどこよりも圧倒的に安いことです。

 

 

もともとビットコインは、自国の金融システムに不信感を持つ人の間で注目されるよになりました。ゆえに資産を安全かつ手軽に海外に逃避できる手段として、ビットコインは広まったわけです(たとえば、その代表格が中国人らです)。

 

 

日本国内でも、海外送金などに絞ってビットコインを使うという方もいるぐらいです。この海外送金手数料の安さだけでも、通常の貨幣と違った十分な訴求力がビットコインにはあると思ってしまうのですがいかがでしょうか?

ビットコイン取引所ランキング